共同募金

 赤い羽根共同募金は、昭和22年から地域の方々が主体の取り組みとしてスタートしました。65年以上たった今も、さまざまな地域福祉課題解決に取り組むボランティアグループやNPO、福祉団体の活動を支援するしくみとして、住民主体の運動をすすめています。住民のやさしさや思いやりを届ける運動として定着しています。

運動期間:10月1日~12月31日

共同募金は地域に活きる

 大任町で寄せられた募金の65%は大任町内の福祉活動に活かされます。残りの約35%は、町域を超えた広域的な課題を解決するための活動に使われます。
 大任町では、配食サービス事業や高齢者の生きがいづくり、福祉教育、ボランティア活動等を進めるため、活用しています。

募金なのになぜ目標額があるのですか?

 共同募金は、社会福祉法に基づき、地域ごとに使い道や集める額(目標)を事前に定めて募金を募る「計画募金」です。毎年助成計画を立案し、目標額を定めています。あくまでも募金は寄付者の自由意志に基づくものですから、強制するものではありません。

災害支援にも活用されています

 福岡県共同募金会で、募金の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、災害ボランティア活動支援や被災地を支援するために使われます。

活動状況

 平成8年からはじまったこの配食サービス事業は、毎週火曜日、大任町食生活改善推進員会会員の皆さんがボランティアでお弁当づくりを行っています。
 現在の対象者を介護保険法に基づく要介護要支援の認定を持たれ、現在介護サービスを利用している方、または障がい者手帳を方で1・2級の方としています。
 「見守り活動」を全面に打ち出すのではなく、さりげなく様子をうかがうこの事業は、配達ボランティアが訪問時に体調の変化がみられる方に対し、社会福祉協議会を通じて、家族への連絡や地域の民生委員児童委員、行政機関にも連絡を入れるなど大事に至らないよう活動しています。
 平成26年度の実績は、年48回、年2,039食を配食提供しました。 さらに、よりよい事業運営と安心・安全・地産・地消に取り組んで行きます。

配分金公表

(単位:円)

区分 配分金 サービス事業
高齢者  202,500 配食サービス事業
 45,000 生きがいづくり事業 
障害児・者  95,500 配食サービス事業
児童・青少年  5,000 福祉教材配布事業 
その他  24,300 ボランティア活動支援事業 
平成27年度配分額  372,300  

レインボーホール

図書だより№25

子育て支援センター

11月号 すまいるだより